logologo

公益財団法人 石川県埋蔵文化財センター

【開館】9:00-17:00(入館16:30)【休館】12/29-1/3

最新発掘情報

能登地域 終了

羽咋市 酒井バンドウマエ遺跡2 発掘調査が終了しました

 酒井バンドウマエ遺跡は、羽咋市酒井町に位置し、碁石ヶ峰西麓の扇状地に広がる遺跡です。        今回の調査では、縄文時代終末から弥生時代初め頃の墓や奈良・平安時代と中世の集落を確認しました。主な遺構は、奈良・平安時代のカマドと鍛冶炉があった竪穴建物や掘立柱建物、中世の掘立柱建物や畝溝を検出しました。遺物は、須恵器や土師器が主に出土し、竪穴建物の外周溝からは舟をこぐ櫂(かい)が出土しました。

遺跡名 酒井バンドウマエ遺跡
(さかいばんどうまえいせき)
時代 縄文、古墳、古代~中世

現場の写真

  • 調査区空中写真(南西から)

  • 奈良時代の竪穴建物

  • 竪穴建物内の鍛冶炉

  • 掘立柱建物の柱穴群

  • 竪穴建物の外周溝から出土した櫂

カテゴリー

過去の記事