logologo

公益財団法人 石川県埋蔵文化財センター

【開館】9:00-17:00(入館16:30)【休館】12/29-1/3

最新発掘情報

加賀地域 調査中

小松市一針C遺跡の発掘調査を再開しました

 梯川右岸にある一針C遺跡は、弥生時代~中世の集落遺跡です。平成25年度から調査を行っており、今年度は、旧堤防の下の部分を発掘しています。
 今年の春には、K区下層とL区上層を調査しました。下層では、弥生時代の平地式建物を検出し、集落があったことを確認しました。
 10月から調査を再開しています。L区上層では、中世の掘立柱建物・井戸などの発掘、L区中層では、弥生時代~中世の遺構の検出を進めています。M区上層では、中世の道路状遺構や、集石遺構などを検出しています。

遺跡名 小松市一針C遺跡
時代 弥生時代~室町時代

現場の写真

  • 発掘調査の様子(北東から)

  • 上層 集石遺構の発掘(西から)

  • 春の発掘後(K区下層・北から)

  • 春の発掘後(L区上層・東から)

カテゴリー

過去の記事